INTERVIEW

何も知らなかった自分にも、
歩いていける道ができた

2005年入社 (プロジェクト事業部)

吉田 康一 34歳

    • Q1 前職は?
    • A1 飲食店
    • Q2 入社の決め手は?
    • A2 休みも多く給与が良かった
    • Q3 道廣機工の魅力は?
    • A3 仕事にやりがいが持てる
  • より良い待遇を求めて道廣機工へ

    道廣機工に転職したのは、21歳のとき。もともと飲食店に勤めており、地元である福山の近くで、給料アップなどもっと良い待遇で働けるところを探していました。仕事内容に特にこだわりはなかったですね(笑)。その分、入社後は当然ですがわからないことだらけ!あまりにも知らないことばかりだったので、何も考えずにひた向きに仕事に取り組めたのは良かったかと。
    当時、4歳くらい上の先輩社員にマンツーマンでいろいろ教えてもらいました。同じ20代ということもあり、親しみやすくて。制服の着方や、道具の名前、機械の動かし方、挨拶の仕方など…何でもかんでも教えてもらいましたね。話も合うし、本当に優しい先輩で、楽しく仕事に取り組めていたのを覚えています。

  • やりがいある仕事。ホッとできる家族

    気がつけば長く働いています。責任ある面白い仕事も任せてもらえるようになりました。数年前に新聞などで話題になった、国家プロジェクトの天然ガスに関する実証実験に参加したことも。国家プロジェクトというと大それた感じがしますが、私が与えられた役割はそんなに大げさなものではなく、触媒が入った容器の交換。まぁもちろん特殊な作業ではあるんですけどね。国の発展の一翼を担えた仕事にやりがいを感じました。
    道廣機工に入社してからは、仕事だけではなく、プライベートも充実するように。結婚をして、子どもも2人います。家も建てました。平日でも子どもの相手ができるのは嬉しいポイントかと。休みの日は趣味の水泳を楽しんだり、家事をしたり…。もっと子どもと遊んで欲しいと言われますが…(笑)。

  • 自分が歩ける道をしっかりつくってくれる会社

    31歳で課長代理のポジションに。定修工事等、出張工事にも責任者として行っています。プレッシャーは感じますが、安全に無事に作業を終えた達成感は何ものにもかえがたいものがあります。今の上司が事業部をとても円滑にまわしていて、とても尊敬できる人なんです。私もそんな人になりたいですね。
    仕事仲間って、人生のなかでもなかなかの長い期間を共にすると思うんです。そんな仲間と一緒に目標に向かって頑張っていく面白さが、マネジメントにはあると私は考えています。難しいこともあれば、メンバーが育つ醍醐味もある。そしてそんな経験をさせてくれるフィールドが道廣機工にはある。仕事にもキャリアにも、そして自分のプライベートにも興味を持って向き合えるようになれる会社だと思います。